信金の住宅ローン特集@信用金庫と地方銀行のどっちで借りる?

住宅ローンで見逃されがちなのが地元の信用金庫の住宅ローンです。地元金融機関の地方銀行とどっちがお得なのか比較してみました。

ネット銀行の活用と住宅ローンについて

ネット銀行の住宅ローン

ネット銀行では、一般的な金融機関に比べると住宅ローン金利がお得になる場合が多くあります。

その理由は店舗を持っていない所も多く余計な運営費用を抑えることができるからです。

そのぶん利用者に対しては手数料など様々な利益還元が行われることもあります。


しかし、住宅ローンに関してもネット銀行では書類のみによって審査をすることが多く、一般的な銀行のように対面による判断はほとんど加味されません。

状況により一般的な金融機関に比べると審査が通りにくいこともあります。

そのため、ネット銀行を利用する場合には審査基準を満たすことのできる安定した収入のある方にとってはお得にローンを組むことができるシステムです。


また、日本銀行は最近マイナス金利を導入しました。

住宅ローン金利もこの日本国債の金利を目安にして算定されるため、この金融政策が続く限りしばらくの間はローン金利もさらに下がる可能性があります。

さらに今後もマイナス金利の幅が大きくなると借りている人が金利をもらえる逆転現象が起こる可能性もあります。

この場合には金融機関が日本銀行にお金を預けると高い手数料を取られるため、それであれば少しの金利を払ってでも融資をしようと動く可能性があるからです。

今後は銀行側も審査基準を下げる可能性もあります。

新たにローンを組もうとしている方も返済を考えている方も、この政策中は変動金利を継続して、底値あたりで固定金利に変更するとよりお得に返済をすることができる可能性があります