信金の住宅ローン特集@信用金庫と地方銀行のどっちで借りる?

住宅ローンで見逃されがちなのが地元の信用金庫の住宅ローンです。地元金融機関の地方銀行とどっちがお得なのか比較してみました。

住宅ローンのフラット35のデメリットについて

住宅ローンのフラット35を利用する際にどのようなデメリットがあるでしょうか。

まずフラット35は固定金利となっていて途中で金利のタイプを変更することもできません。

このため、変動金利のプランよりも金利が高めになってしまいます。

また審査を通過するには例えば、床面積が一戸建てで70平方メートル以上、マンションで30平方メートル以上の物件である必要があります。

ワンルームマンション等の物件は対象外となっています。

なお耐久性や断熱性等についても審査基準が設けられています。

さらに審査では住宅金融支援機構が断熱性等の基準を定めた「適合証明書」を提出する必要があります。

なおこの書類は検査機関に依頼する等して検査をしてもらって発行することができますが別途費用が発生します。

また検査機関も紹介してくれればいいのですが、自分で探すとなると大変になります。


この他にもデメリットがあります。

それは住宅を購入する場合というのは、物件以外にも登記費用や火災保険料等を始めとして様々な諸費用が発生するということです。

通常の住宅ローンの場合はこれらの諸費用の分も含めて借り入れることができるのですが、フラット35の場合はこれらの諸費用の部分については借りることができません。

諸費用分は別途現金を用意する必要があります。

これ以外にも団体信用生命保険に加入する場合についてもデメリットがあります。

それはこの保険に加入すると毎年特約料が個別に発生するということです。