信金の住宅ローン特集@信用金庫と地方銀行のどっちで借りる?

住宅ローンで見逃されがちなのが地元の信用金庫の住宅ローンです。地元金融機関の地方銀行とどっちがお得なのか比較してみました。

フラット35と銀行や信金の住宅ローンの金利比較について

住宅街のイラスト住宅を購入するときには現金で一括で支払う人も中にはいますが、多くの人は住宅ローンを組んで住宅を購入します。

住宅ローンを組むときには、銀行や信用金庫が主催の民間の住宅ローンと住宅金融支援機構と民間の金融機関が提供するフラット35があります。

この二つでは前者の民間のローンの方が審査は厳しくなり、逆にフラット35は審査がやや甘くなります(甘いと言ってもカードローンや消費者金融の審査よりは遙かに厳しいです)。


また、このふたつは金利が大きく異なります。

これについて比較をすると、民間のローンのほうは近年0.50から0.70あたりになりますが、フラット35の場合には1.50から1.70の間ぐらいになります。

金利は、民間のローンでは変動型と固定型を選ぶことができますが、フラット35は固定型一本になります。

そこで、民間のローンの変動型とフラット35の固定型ではどのくらい支払う費用が違うのかを比べてみます。

たとえば、どちらも3000万円でローンを組んだ場合には、総支払額が
・民間の変動型のほうではおよそ3千5百万円
・フラット35の固定の場合には4千5百万円
ほどになりおよそ1千万円ほどの違いが生まれるのです。

ですが、変動型は時期によって支払いが高くなったり安くなったります。

もし、借り入れから10年後に金利が借入時に比べて3パーセント上がったとすれば、返済額はほど同額かややフラット35の方が安くなります。

ですが、実際に3パーセントも上がることは考えにくいためどの場合も民間のローンの変動型のほうが支払額は少なくて済むのです。

 

住宅ローンにおいてフラット35の金利を比較する

青い屋根の家住宅ローンは、ほとんどの人の「一生に一番大きな買い物」を支えるための大切な制度の一つです。

これがなければ、家を買うことができないということを考えればその重要性はおのずとわかろうというものです。

その住宅ローン、「ローン」つまりお金を借りて返すということから、当然金利を考慮して返済をしていく必要があります。

この金利の選択が、その後の生活をどのようにしていくかということを左右するために悩むポイントの一つなのです。

その中の「フラット35」に注目して比較してみましょう。

現在は全体的に利率が引く憂いということもあって、変動するものが人気です。


その中にあって、フラット35の金利は、正直に言って「高いなあ・・・」と感じる人も多いのではないでしょうか。

35年間、変動しない利率を設定しているため、さまざまな予測の元にある程度高い数値がここに入れられるのは、ある程度仕方のないことではあります。

しかしながら、今後インフレーションが進むとも限らず、そうなると変動に比較して固定が有利な条件が増えてくることになります。


フラット35を検討することが望ましい対象の方としては、

・月々の収入に対して支出を一定にしておきたい方
・将来を見た時に収入が不安定であり、現在の状態である程度先のことを見据えておきたいという方

などが当てはまるのではないでしょうか。

住宅ローンはその選択肢の幅広さから迷うところではありますが、人生の大きな選択ですので後悔のないように選びたいものです。

 

住宅ローンでフラット35を利用する時も比較をしてから

2階建ての家住宅ローンを払い終えるまで金利が変わらないのが大きな特徴で、毎月安定して同じ金額を返していきたいと思っている人に向いているのがフラット35です。

利用したいなと思っているのであれば、フラット35を扱っている業者をいくつか比較してから住宅ローンを組む業者を決めることをお勧めします。

フラット35を扱っている業者はたくさんあります。

業者によって金利が違ってきますので、ちゃんと比較して決めないと後悔することになるかもしれません。

住宅ローンを払い終えるまで金利が変わらないのが大きなメリットです。

そのメリットを生かして、少しでも金利が低い業者を利用してローンを組んだ方が、最終的な総支払い額は少なくなります。


また返済中に繰り上げ返済をしていきたいと思っているのであれば、繰り上げ返済の手続きなどをしに行きやすい場所にあるところなどを選ぶのもお勧めです。

払い終えるまで長期間付き合うことになりますので、業者が信用できるかどうか、自分に合っていると思える業者かどうかなどを住宅ローンを利用する前によく考える必要があります。

その後にそれぞれの金利やメリットなどを比較をしてから、付き合っていく業者を決めることが大切です。

それぞれの業者の金利などが一覧になっているサイトなどもありますので、参考にして決めるのもよいのではないかと思います。

また時期によっても金利は変わってきますので、月が変わってから契約をするというような時は、契約する前にもう一度金利を確認することが大事です。